読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつも向かい風

カメラ好きが、試される大地、北海道で試されるブログ

冬の訪れを感じさせるウトナイ湖で朝日と白鳥を撮影してきました

カメラ・写真 旅行 旅行-北海道
スポンサーリンク

スポンサーリンク




f:id:matka1014:20161023062521j:plain

苫小牧のウトナイ湖に行き、朝日と白鳥(白鳥以外の鳥も少し)を撮影してきました。

ウトナイ湖は、冬の時期になると白鳥などの鳥さんたちがたくさん集まる場所として、とても有名な北海道の白鳥写真スポットだそうです。

ウトナイ湖は道の駅が併設されているので、駐車場完備だし恵まれた環境です。

冬に向かい、日の出の時間が遅くなってきた

撮影に行ったのは10月下旬。すっかり日が出るのも遅くなってきて、日の出の時間は6時過ぎくらいになりました。

つい先日までは、5時前に日が昇っていたのに、時がすぎるのは早いものです。

まずは朝日

f:id:matka1014:20161023053216j:plain現地に付いたのは日の出の時刻の30分程前。あたりはすこしだけ明るくなりつつありました。

SONY α7IIを三脚にセットし、次にiPhoneも三脚にセットして、iPhoneではタイムラプス、α7IIでは普通の写真撮影となかなか忙しいことをやってみました。

 

f:id:matka1014:20161023055714j:plain
なんだか一部分以外は曇っちゃていましたが、朝日が出るあたりは運良く晴れていました。

良かったよかった。

 

f:id:matka1014:20161023060324j:plain
そうこうしているうちに日の出。ブログ用の写真解像度では確認できないですが、対岸に白鳥がたくさんいました。

しかし、こっち岸には、白鳥は1匹もいない状態。今日は、朝日撮ったらおしまいかな〜なんてこの時は考えておりました。

 

f:id:matka1014:20161023060725j:plain
朝日だけでもなかなかいい場所ですね。ウトナイ湖は。

白鳥が飛来!

f:id:matka1014:20161023062105j:plain
さてとそろそろ帰りますか。と思ってカメラや三脚をしまおうとした時、向こう岸から白鳥が飛んできてくれました!

そそくさと帰らずに粘っておいて良かった!

 

f:id:matka1014:20161023062130j:plain
お越しくださったのは、2羽。もしかしたらつがいかな?

 

f:id:matka1014:20161023062239j:plain
岸に響くシャッター音。僕を含め4人程が写真を撮りまくってました。

 

f:id:matka1014:20161023062243j:plain
200mmのレンズで撮影しているけど、「もっと寄りたい!」と思うようになってしまった。

望遠方面のレンズ沼には陥っても良いほどの資金力は無いので、気を引き締めていかないと。。。

 

 

f:id:matka1014:20161023062330j:plain
無理やりトリミングして頭付近を拡大。

 

f:id:matka1014:20161023062544j:plain
朝日側を背景にすると良い感じの色合いになってくれました。

f:id:matka1014:20161023063333j:plain
うーん。これは嵌りそう。家から30分掛からない場所だし、暇な時は平日の朝でも行ってみたいな。

白鳥さん以外も居ました

いちおう、白鳥さん以外の鳥さんも居ましたので紹介しておきます。

f:id:matka1014:20161023062415j:plain

f:id:matka1014:20161023063958j:plain
ヒシクイ

 

f:id:matka1014:20161023061507j:plain
白鷺

最後に

なんとなく、行ってみたウトナイ湖でしたが、これからかなりお世話になりそうな場所です。

北海道の白鳥スポットといえば、屈斜路湖などが有名だそうですが、かなり遠いです。ウトナイ湖で練習を積んで、今シーズン末か来シーズンに屈斜路湖へ行ってみようかなと思います。

iPhone 7 Plusで撮ったタイムラプス

iPhone 7 Plusで撮影したタイムラプスも最後に載せておきます。なかなかiPhoneも優秀。

関連!マンフロットのスマホ用の人気三脚を購入してiPhone 7 Plusでタイムラプスを撮影してみた