読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつも向かい風

カメラ好きが、試される大地、北海道で試されるブログ

冬の写真撮影旅行(北海道)の服装・必要な装備を考える【防寒グッズ】

カメラ・写真 カメラ・写真-カメラグッズ レビュー(買ったもの) 旅行 旅行-北海道
スポンサーリンク

スポンサーリンク




f:id:matka1014:20161106003444j:plain

北海道は厳冬期に最低気温が-20度以下になったりします。一般人なら嫌になる北海道の寒さ。

でも、写真愛好家にとっては、氷点下の真冬も積極的に撮影に出かけたい魅力的な季節。

チャンスがあれば、ダイヤモンドダストやサンピラーといった寒冷地ならではの自然現象も狙いたい。

やる気と情熱があっても寒さには勝てないので、便利な寒さ対策グッズを買い揃え、冬の撮影に備えることにしました。

僕が買った氷点下での真冬の写真撮影のための防寒グッズ(主に服装関係)を紹介していきたいと思います。

インナー

まずはインナー関係。これはもっぱら庶民の味方ユニクロにお世話になっています。

ヒートテック上下・靴下

f:id:matka1014:20161105234536j:plain

ヒートテックの上下と、靴下を使用中。極暖と普通のモデルがありますが、できるだけ極暖の物を選んで出かけるようにしています。最近は靴下もヒートテックのモデルがあるので、それを選んで履いています。

ユニクロで安くというのに拘るならば、極暖ヒートテック一択なのですが、とにかく暖かいインナーが欲しい!という場合は、mont-bellのスーパーメリノウールが気になります。

ただヒートテックと比べてちょっと値段がお高いので、まだ決断できていません。トップスは重ね着しだいでどうにでもなるけれど、ボトムスは、そんなに重ね着する余裕が無いので、1枚1枚のクオリティが大事そうです。タイツだけでもスーパーメリノウール買おうかなぁ。そのうちmont-bellの実店舗で確認してきます。

トップス関係

トップスに関しては、フリース、ウルトラライトダウン、ゴアテックスジャケットで冬の寒さを乗り切る予定です。肌着に近い順から、フリース→ウルトラライトダウン→ゴアテックスジャケットの順で着ていきます。

パタゴニアのフリース

パタゴニアのフリース
ヒートテックの上に着ているのは、パタゴニアのフリース。R2ジャケットとかいう名前だった気がします。好みの色では無かったのですが、この色だけ半額セールやっていたので、迷わず買いました。

軽くて、ふかふかで、それでいて僕が持っているフリースの中では抜群に暖かいです。このフリースは、体のラインにフィットするデザインになっているので、冷たい空気がフリースの内部に侵入してこないような気がします。

このR2ジャケットは、冬山登山を想定した設計なので、速乾性、保湿性など優れた性能になっているのです。まず汗をかいたりはしない撮影旅行にはちょっとオーバースペックかもしれません。

某アウトドア用品店の店員さんに冬の撮影装備について相談したりしたのですが、その店員さんは、写真撮影の用途ならユニクロのフリースで十分と言っていました。

ユニクロのウルトラライトダウンジャケット

f:id:matka1014:20161105235056j:plain
フリースだけでは寒い時は、ユニクロのウルトラライトダウンジャケットをフリースの上に着ます。ダウンが要らない時は、フリースの上にゴアテックスジャケットを着る事が多いです。

ユニクロのウルトラライトダウンは、非常にコンパクトに収納ポーチへ格納するので、持ち運びにもすごく便利です。それでいてそこそこ暖かいので便利。しかもセールの時を狙って買えば、5000円以下になるので嬉しいです。

ダウンジャケットの性能について

ダウンジャケットの性能を比べる指標の一つにフィルパワー(FP)と言うものがあります。フィルパワーが高ければ高いほど暖かいです。

一般的には、600〜700フィルパワーで良質のダウン、700以上になると更に良質なダウンとなるそうです。ユニクロのウルトラライトダウンはフィルパワーが640くらいだそうです。ですので良質なダウンと言えます。

ダウンジャケットについても、やはりもっとフィルパワーの高いものが気になります。アウトドアメーカー各社から高品質なダウンが発売されていますが、どうせアウターになるものではないので、コスパ重視で良い気がします。

となると結局ダウンもモンベルの製品を見てみたくなります。

f:id:matka1014:20161106233230j:plain
写真撮影の時の中間着としてぴったり合いそうなのは、軽量かつコンパクトなプラズマ1000ダウンか、スペリオダウンです。

プラズマ1000ダウンは、フィルパワーが1000という驚異的な数字で、なおかつ、重さも130gと超軽量ですが、値段がユニクロのウルトラライトダウンの6倍ほどです。良いものは高いです。

スペリオダウンについては、フィルパワーが800、重さは180gです。こちらも暖かさ、重さともにユニクロのウルトラライトダウンに勝っています。値段的にはユニクロのウルトラライトダウンの3倍程度なのですこしコスパが良い感じです。

アークテリクスのゴアテックスジャケットベータSL

f:id:matka1014:20161105235621j:plain
アウターとして最近いつも着用しているのはアークテリクスのゴアテックスジャケットベータSL。海外から個人輸入して日本で買うよりは安く手に入れることができました。雨の日や、雪の日に、服表面についた水分を気持ちいいほどきれいさっぱり弾いてくれます。ゴアテックスジャケット自体に暖か要素は無いのですが、風をシャットアウトしてくれるので、体温を冷やさないのに役立ちます。リージョンブルーという何とも言えない色合いのカラーがとても気に入っています。

アークテリクスのジャケットは結構高いです。日本の定価で4万以上です。今までに購入した服の中でも最高値です。なので、本当に大切に使っています。写真撮影のお出かけ以外では絶対に着ないです。もう完全に制服みたいな位置づけですね。

ちょっと商品の話をしておくと、重さは315gほどです。重くはないですけど、とりわけ軽いわけでもないです。その他詳細は下記の記事からどうぞ。

関連記事!アークテリクスのゴアテックスジャケット Beta(ベータ)SLを購入!

アークテリクスは始祖鳥のロゴがかっこいいです。でも高いです。コスパを重視するならmont-bellのストームクルーザーがおすすめです。重さは257gです。

mont-bellには、ストームクルーザーのワンランク上のトレントフライヤーというモデルがあります。こちらは兎に角軽いです。215gです。ストームクルーザーと比べて50gも差はないのですが、実際手にとって見ると、スッと頭が想像するよりも軽い力で持ち上がってしまうので驚きます。アークテリクスに手を出していなければ、たぶんこのトレントフライヤーを買っていたと思います。

ボトムス関係

ソフトシェルパンツ(写真右)ゴアテックスのパンツ(写真左)を使っています。

f:id:matka1014:20161105234804j:plain

アークテリクスのソフトシェルパンツ ガンマ AR

ヒートテックタイツの上に履いているのはアークテリクスのソフトシェルパンツのガンマAR。海外から取り寄せたので日本で買うよりは安く手に入れました。

普通の登山でも使えるので、アークテリクスのパンツを購入しました。登山用のパンツの良いところは伸縮性もあり動きやすいところです。登山をやらない人でしたら、冬の撮影旅行でも普通のジーンズやチノパンなどでもいいと思います。

アークテリクスのゴアテックスパンツ(ベータSL)

雪の上に跪いて写真を撮ったり、いつの間にかズボンが雪まみれになっていたりするので、ゴアテックスなどの撥水性のあるパンツを一番外に履くと良いと思います。

f:id:matka1014:20161106085634j:plain
ゴアテックスのパンツ履いていればこんな感じの場所の撮影でもズボンが濡れることを気にせずに撮影に集中できます。

 手袋などの小物類

ネックウォーマーや手袋等も欠かせません。

f:id:matka1014:20161105235759j:plain

ネックウォーマー

ユニクロのヒートテックのやつを使っています。首元から冷たい空気が入り込むのを防いでくれるので助かります。

モンベルのシャミースフィンガーレスグローブ

f:id:matka1014:20161023085742j:plain
ちょっと寒いな。というくらいの日ならこの指先が出るグローブだけで大丈夫です。(気温0度近くから氷点下になると指先がキツイです。)これだけではダメな時は、この上にさらに手袋を重ね着します。

f:id:matka1014:20161023085827j:plain
こんな感じに指先だけ出るのでカメラの操作がし易いです。

 

ヒートテックの手袋(写真右下)

モンベルのフィンガーレス手袋の上にはめます。これで−5度は問題なかったです。

厳冬期用ブラックダイヤモンドの手袋(ソロイスト)

厳冬期の撮影旅行に向けて購入しました。−9度〜−26度の気温が適温だそうです。まだ使う機会には恵まれていませんが、−20度以下の世界(ダイヤモンドダストなど)を取りに行く時には活躍してもらう予定です。

貼るホッカイロ

貼るタイプのホッカイロをヒートテックにペタっと貼っています。12時間くらいたっても暖かさが残っているので本当に凄いです。お腹に1枚、背中に1枚貼っておけば間違いないです。

この装備での実績

とりあえず、−5度は耐えました。反省点として、靴に気を使っていなかったため、足先が冷たくなってしまいました。次、買い足す候補としては靴関連の商品になりそうです。

今後買い足す予定のものはスノーブーツ!

足の防寒はもう少しパワーアップさせなきゃなと感じました。スノーブーツとかを調べてみようと思います。

※追記

いつもこのブログを読んでくださっている北海道在住の大先輩にスノーブーツのアドバイス頂きました!ありがとうございます!

どうやら、ソレルというメーカーの「カリブー」というブーツがとても有名だそうです。

インナーブーツに内蔵されたアルミフィルムによる高い耐寒性が、極寒の地でも足を守ります。とのことです。これはすごい魅力的です。

しかも、デザインもかなりオシャレなので、すごく欲しくなりました。

結論

f:id:matka1014:20161105234110j:plain
ユニクロとモンベルでコスパ良く、だいたい揃う!!