読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつも向かい風

カメラ好きが、試される大地、北海道で試されるブログ

美瑛の早朝を撮影!新栄の丘や行きたかった穴場スポットを訪問

旅行 旅行-北海道
スポンサーリンク

スポンサーリンク




昨日の続きです。

昨日は、美瑛のセブンスターの木で朝日を撮影した話でした。
あれらの写真を撮った後は、早朝の爽やかで清々しい美瑛をサクッと撮影してきたので、駆け足で紹介します。

新栄の丘展望公園

新栄の丘はパノラマロードと呼ばれる美瑛の南側一帯の地域に位置するちょっとした丘です。
新栄の丘からの展望は、美瑛の中でも個人的に一番好きな眺めです。

新栄の丘展望公園(朝)

新栄の丘には牧草のロールを顔に見立てたマスコット的存在が鎮座しております。ロール君とかロールちゃんって呼ばれているみたい。

こちらの景色は新栄の丘から西側を見た時の写真。でも、僕が本当に好きなのは、新栄の丘から東側方面の十勝連峰方面の景色です。

 

赤い屋根の家

こちらが新栄の丘から十勝連峰方面の眺望です。

丘が折り重なっている風景、メルヘンチックなので赤い屋根の家、十勝連峰の雄大さ、それぞれがバランス良く主張しています。

 

順光の赤い屋根の家

この日は、早朝という逆光の時間帯に言ってしまったので、空が白くなってしまっていますが、順光の午後の時間帯に訪れると、青々しい写真が撮れますよ。

でも、畑の色合いや、ちょっともやもやした感じとかは朝のほうが好きかな〜。

空を入れない構図で早朝に撮りたいな。それには望遠レンズが必要です。夏のボーナスまでには買う。

 

f:id:matka1014:20160522220237j:plain

この看板が結構好きです。海外からもたくさんの方が観光に来るから英語表記なのでしょうか。ところで「THRU」とはなんぞや?

 

新栄の丘展望公園立ち入り禁止

残念だったのは、この日訪れたら、立入禁止区域が広がってた。先月訪れた時はこの黄色いテープは無かったのに。

美瑛では、農家の大切な畑に足を踏み入れる人が後を絶たないので、あちこちに立ち入り禁止の看板が設置されています。

 

f:id:matka1014:20160523212327j:plain

そうそう。いつも使ってるの広角レンズのVario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS (SEL1635Z)はフレアやゴーストが出難く、逆光耐性がそこそこあるのも気に入っています。

てな感じで、新栄の丘での撮影はお終い!

穴場スポットを2箇所めぐる

次は、ガイドブックにあまり載らないところに行ってみました。今後の撮影のためのロケハンも兼ねて。

就実の丘

まずは就実の丘という場所にやって来ました。
ここは、旭川空港から少し美瑛方面へ行ったところにあります。

就実の丘

就実の丘から西側の景色。ここ絶好の夕日撮影スポットなんじゃないかな。

晴れた夏にでもまた来よう。

 

就実の丘

北側の景色。道路のアップダウンがとっても北海道っぽい。

 

f:id:matka1014:20160522220233j:plain

南側を見ると壮大な山々が顔を覗かせます。

就実の丘にはクマが出ることもあるようなので、ちょっと怖いな。

 かしわ園公園

f:id:matka1014:20160522220239j:plain

かしわ園公園という公園があります。

公園そのものは、そんなに大したことはなさそうな感じなのですが、公園の反対側の景色が最高。

収穫の季節になったら、小麦ロールがいっぱい畑の上に出来るのだろうな。

まとめ

早朝の美瑛、人も少なく、爽やかでリフレッシュできました。

そして、日に日に高まる望遠レンズの欲求。 

www.mukaikaze.net 

www.mukaikaze.net