読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつも向かい風

カメラ好きが、試される大地、北海道で試されるブログ

マンフロットのスマホ用の人気三脚を購入してiPhone 7 Plusでタイムラプスを撮影してみた

カメラ・写真 カメラ・写真-カメラグッズ ガジェット ガジェット-iPhone
スポンサーリンク

スポンサーリンク




f:id:matka1014:20161015163511j:plain

思いの外、カメラ性能が高いiPhone 7 Plus。色々試してみたいという気持ちになって来まして、タイムラプスを試しに撮ってみました。

マンフロット(Manfrotto)のスマホ三脚(アダプタ)を購入してみました。

スマホ用の三脚を購入した理由は、タイムラプスを撮影してみたかったからです。

早速、購入したマンフロットのスマホ用三脚でタイムラプスを撮影してきたので、記事にしてみます。

Manfrottoスマートフォン用三脚アダプターMCLAMP

Amazonをチェックすると数多くのスマホ用三脚が販売されています。一昔前までは、スマホでの撮影で三脚を使うなんて・・・と思っていたのですが。

今後のスマホのカメラの進化に伴い、スマホにも三脚を使うということが当たり前になっていくかもしれませんね。

となわけで、今回は、マンフロットというイタリアの三脚メーカーのスマホ用の三脚を購入しました。

購入したのはこちらの商品。あくまで、三脚用のアダプターなので、この商品にスマホをはめ込んで、自分が持っている三脚に装着する必要があります。

僕は、同じくマンフロットのミニ三脚を持っているので、それに今回購入したスマホ用三脚アダプタを装着して使用することにしました。

f:id:matka1014:20161016233335j:plain
購入したマンフロットの三脚アダプターです。赤と黒の色使いがクールです。マンフロットの製品は、デザインの製に優れているので個人的には非常にすきなメーカーです。ちなみに、今、僕が一眼カメラ用にメインで使用してる三脚はマンフロット製です。

マンフロットには、普段から使用していることでの安心感もあります。

 

f:id:matka1014:20161017000852j:plain
使い方は簡単で、こんな感じに、幅を広げて、スマホを横から挟み込みます。スマホを挟んだら、ネジ山を三脚にはめ込むだけです。

iPhone 7 Plusをセット

f:id:matka1014:20161015163511j:plain
iPhone 7 Plusを購入した三脚アダプタに挟み込んで、ミニ三脚にセッティングしてみました。

iPhone 7 Plusはケースに入れているので、素の状態よりは横幅が大きくなっていますが、少し余裕をもってアダプタで挟み込むことが出来ました。

iPhone 7 Plusでも問題なく使用できたので、現存する大体のスマホには対応しているのではないでしょうか。

あとは、タイムラプスを撮影するだけです。

iPhone 7 Plusでタイムラプス撮影 

iPhone 7 Plusの純正カメラアプリを使用してタイムラプス撮影に挑戦してみました。

操作方法は、

①カメラの起動

②スワイプしてタイムラプスモードを選択

③シャッターボタンでタイムラプス開始

④シャッターボタンでタイムラプス終了

これだけです。

シャッタースピードやISO感度や撮影間隔(インターバル)は設定しなくてもiPhone側で最適と判断した値でタイムラプスを撮影してくれるようです。

出来上がるタイムラプス動画の秒数も、合計撮影時間によってiPhone側で勝手に決めるようです。

様々な設定が出来ないのは構わないのですが、iPhone側で、撮影される写真が常に同じ明るさになるようにある程度頑張ってくれちゃうせいで、夕暮れの暗くなっていく様子を表現したかったのに、ダメになっちゃいました。

iPhone 7 Plusでもうちょっと真面目にタイムラプスを撮影したいときは、タイムラプス専用のアプリを使ったほうが良さそうです。 次回からはそうします。

関連記事登山・旅行で大活躍のコンパクト三脚!星空・タイムラプス・夕景の撮影にオススメできる三脚のまとめ!【コンデジ・ミラーレス・軽量一眼レフカメラの三脚選び】

最後に

スマホ用の三脚、結構便利でおすすめだなぁと感じました。値段もピンからキリまである(100均にも売っていた)ので、まずは安い三脚を試しに買ってみて、楽しめそうならすこし良いやつを買うっていうのも有りですね。

オススメ!Osmo MobileとiPhone 7 Plusでモーション・タイムラプスの撮影に挑戦【スマホ用人気カメラスタビライザー】