読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつも向かい風

カメラ好きが、試される大地、北海道で試されるブログ

【iPhone 7 / 7 Plus】ガラス保護フィルム割れたので、Ankerのガラス保護フィルムを買い替え購入!貼りやすさに驚いた!

ガジェット ガジェット-iPhone
スポンサーリンク

スポンサーリンク



f:id:matka1014:20170118004424j:plain

iPhone  7 Plusの必須アイテムのガラス保護フィルム。画面を傷から守ってくれる上に、ガラスの透明感の恩恵でiPhoneのRetinaディスプレイの綺麗さを損ないません。

僕も、ずっとガラス保護フィルムを使っているのですが、室内でiPhoneを落としてしまったときにフィルムが割れてしまったので、買い替えてみました。

 

愛用していたNIMASOのガラス保護フィルムが割れた! 

f:id:matka1014:20170118004426j:plain

ふとiPhoneの画面を確認すると、右上の部分(電源ボタン付近)にヒビが入っていました。

もしかして、液晶自体に日々が入ってしまったのではないかと思いかなり焦りましたが、しっかりと確認して見ると、ヒビはガラス保護フィルムだけに入ってました。液晶は無事だったので安心しました。

今までは、NIMASOのガラス保護フィルムをiPhone 7 Plus発売当初から使用していました。

非常に透明度が高く、傷にもめっぽう強い設計になっていました。しかし、ガラスの特性上、耐衝撃には強くないので、割れてしまったのでしょう。

 

Ankerのガラス保護フィルムを購入

さすがにガラス保護フィルムが割れた状態でiPhoneを使い続けれるのは嫌でしたので、新たにガラス保護フィルムを買うことにしました。

こういう時は、Amazonで高評価の商品を選ぶのが手っ取り早くて簡単です。

f:id:matka1014:20170118230946j:plain

 

現在のガラスフィルムのベストセラーはAnkerの製品とのことですので、こちらを購入しました。

使ってみた感想を先に書くと、やはりベストセラーになるのはしっかりとした理由があるなと感じました。品質も抜群ながら、なによりも貼り付けが非常に簡単でした。

Ankerのガラス保護フィルムの良さをこの記事でレビューしながらお伝えしていきます。

 

Ankerのガラス保護フィルムのレビュー

Ankerのガラス保護フィルム
いかにもAnkerっぽい箱に入って届きました。

 

f:id:matka1014:20170118004422j:plain
内容物は、ガラス保護フィルム本体(1枚)、説明書(箱の裏に記載)、アルコールペーパータオル(液晶清掃用)、マイクロファイバークロス(貼り付けよう)、ホコリ除去用シールです。

 

f:id:matka1014:20170118004420j:plain
ガラス保護フィルムが入っていた箱の内側に、貼り方の詳しい説明が書いてあるので、その方法に則って貼っていけば、誰でも簡単に綺麗に貼り付け作業を完了できると思います。

 

f:id:matka1014:20170118004421j:plain
では実際にAnkerのガラス保護フィルムを貼っていきます。ホコリ除去シールをうまく使いながら作業を行います。

 

f:id:matka1014:20170118004419j:plain
手順1:上記写真の様に、iPhoneの背面にシールを2枚貼り付けます。上部と下部に1枚ずつ貼り付けると問題ないです。

 

f:id:matka1014:20170118004418j:plain
手順2:貼りたい位置に、Ankerのガラス保護フィルムをぴったりと合わせます。この時の位置に貼り付けることになるので、集中して妥協なく位置を決めましょう。

 

f:id:matka1014:20170118004416j:plain
手順3:手順1でiPhone背面に貼り付けたシールを使い、手順2で位置合わせをしたガラス保護フィルムをしっかりと固定します。

 

f:id:matka1014:20170118004417j:plain

f:id:matka1014:20170118004415j:plain
手順4:もう一枚シールを使い、ガラス保護フィルムを持ち上げて、180度開きます。iPhoneの厚みと同じくらいの物を用意して、土台にしました。今回は、ガラス保護フィルムが入っていた箱を利用しました。

 

f:id:matka1014:20170118004414j:plain
手順5:付属のアルコールペーパーで液晶表面を拭いて綺麗にします。液晶表面にホコリが残っている場合は、付属の残りシールでペタペタとして取り除きます。

 

f:id:matka1014:20170118004412j:plain
僕は、シールは使わずに、手持ちのブロアで液晶表面を吹き付けてホコリを吹き飛ばしました。

 

f:id:matka1014:20170118234109j:plain
手順6:ガラス保護フィルムに付いている薄いフィルム(上記写真のBACKと書かれている部分を引っ張る)を剥がしたら、手順4で貼り付けたシールを持って、ガラスフィルムをiPhoneへ貼り付けます。

 

f:id:matka1014:20170118004413j:plain
手順7:最後に、マイクロファイバーを使いながら、液晶とガラス保護フィルムの間の空気を押し出すようにします。ここで残った気泡も時間が立てば自然と消えていくとのことです。

 

f:id:matka1014:20170118004411j:plain
説明書に書いてあるとおりの貼り方で、ホコリ無く、簡単に、綺麗にガラス保護フィルムを貼り付ける事ができました!

Ankerのガラス保護フィルムを使ってみた感想

貼り付け作業が非常に簡単なのは、お分かりいただけたかと思います。

気になる品質も申し分ないです。透明感は違和感ありません。また、エッジの部分は、ラウンド加工が施されているので、手でエッジを触った時に優しい手触りになっています。

高品質なガラス保護フィルムであり、貼り付けの失敗を極力減らせる非常に優れたガラス保護フィルムです。

iPhone 7用

iPhone 7 Plus用