読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつも向かい風

カメラ好きが、試される大地、北海道で試されるブログ

Apple Pay(アップルペイ)でQUICPayとiDを両方一緒に使ってみたら少し手間取った。使い方は自体は簡単なんだけどなんか惜しい。

ガジェット ガジェット-Apple ガジェット-iPhone
スポンサーリンク

スポンサーリンク




f:id:matka1014:20161026222904p:plain

10月25日から日本でも使えるようになったiPhone 7 / 7 Plusの目玉機能、Apple PayによるQUICPay(クイックペイ)、iDによる店舗での支払い。

iPhoneユーザーもやっと、小銭レス、財布レスの生活が実現できるのではないかと期待されています!

(店舗での支払いが可能なのはiPhone 7 / 7 Plus、Apple Watch Series 2だけ)

QUICPay・iDどちらを選ぶのが良いか

f:id:matka1014:20161026195232p:plain

Apple Payを使用するには、Walletアプリにクレジットカードを登録しておく必要があります。Apple Payに対応しているクレジットカード会社は上の画像のとおりです。

登録するクレジットカードの種類によって、QUICPayでの支払いになるかiDでの支払いになるかが別れます。

僕が所有しているカードでApple Payに対応しているのは、オリコカード、イオンカード、ビューカード、三井住友カード、楽天カード

これらをもし全部、Walletに登録するとすると、

イオンカード、三井住友カードはiDでの支払い、オリコカード、ビューカード、楽天カードはQUICPayでの支払いになります。(オリコカードのようにQUICPayにもiDにも対応しているクレジットカードもどちらかの支払い方法になってしまい、両方使えるとはならないようです。)

おすすめ記事!Apple Pay(アップルペイ) で5000円のキャッシュバックを貰う方法

QUICPayとiDの比較

f:id:matka1014:20161026204841j:plain

 QUICPayiD 
使い方 「QUICPayで」 「iDで」
ポイント付与
請求 カード会社支払日 カード会社支払日
一回の上限額 2万円 カード会社・店舗次第
分割・リボ払い 不可 不可

使い方

Apple Payというシステムの名前ですが、実際に決済で使用するのはQUICPayかiDを利用することになるので、自分がiPhoneに登録したクレジットカードに対応した支払い方法を宣言します。早口or滑舌悪くで「idで」というとEdyと聞き間違われてしまわないかだけが心配です。現時点ではEdyのほうが大衆的でしょうからね。

ポイントは貯まる?

QUICPay、iDでの利用代金は登録したクレジットカードからの支払いとなるため、一般的な買い物と同じようにクレジットカードのポイントも貯まるようです。

請求タイミング

QUICPayもiDも後払いの電子決済なので、買い物した瞬間にはお金は減りません。クレジットカードからの引き落とし日に他の普通の買い物と一緒にお金が引き落とされます。

一回の支払い上限

ここまではQUICPayとiDで差がほぼありませんでしたが、一回の買い物での支払いの上限では、違いが有ります。

QUICPayは2万円までの買い物にしか使用できません。一方iDでは「店舗によって上限が設定されている場合がある」とのことです。基本的にはQUICPayよりも高額商品の支払いに使用できますが、もちろんクレジットカードの限度額そのものを超えることはできません。

QUICPayは2万円までですが、QUICPayやiDは少額な買い物での使用が多いと思われるので、2万円の縛りがあっても全く問題無い気がします。

分割払い・リボ払い

これは不可のようです。店舗では一括払いしかできません。

QUICPayかiDか自分なりの結論

f:id:matka1014:20161026204853j:plain

まず、オリコカード(Orico Card THE POINT)を普段のメインカードとして、使い込んでいるので、Apple Payでもオリコカードを登録することを決定。するとQUICPayでの支払いを利用することになる。

次に、QUICPayは使えなくて、iDにだけ対応している店舗を調べてみる。

すると、マクドナルドがQUICPayでは支払いができないとのこと。マクドナルドはQUICPayは使えなくて、iDだけ(EdyもOK)に対応しているようです。

2週間に一回くらいのペースでマクドナルドに行くので、iDも使いたい!ということで、マクドナルド用に三井住友カードも登録してiDも使えるようにしておきました。

登録カード1:三井住友VISAカード=iDでの支払い(マクドナルド用)

登録カード2:オリコカード=QUICPayでの支払い(マクドナルド以外用)

結局、QUICPayでもiDでも支払いが出来る環境になっちゃいました・・・。これが僕なりの答え。

まずはQUICPayで支払いをしてみる

f:id:matka1014:20161026213921j:plain
このようにオリコカードと三井住友カードを登録しました。オリコカードはQUICPay、三井住友カードはiDで支払うことになります。まずは、QUICPayを試すべく、某ドラッグストアにいってみました。

Apple Payの使い方はとても簡単

f:id:matka1014:20160924145500j:plain
支払い方法はとても簡単でした。レジの店員さんに、お金を出すのではなく、「QUICPayで」と言います。するとなにかしらの店員さんの作業が終わった後に、リーダー端末にiPhone 7 / 7 Plusをかざすように促されるので、上の写真の赤い枠で囲った部分辺りをリーダーに近づけます。接触させず、接近させるだけでOKでした。

iPhone 7 / 7 Plusは電源が入ってさえいれば、スリープの状態でも、画面が点灯している状態でも問題ないです。

 

f:id:matka1014:20161026214314j:plain
iPhone 7 / 7 Plusをリーダー端末に接近させると自動的にこういった画面になります。この状態で、ホームボタンでの指紋認証をすると音がなって支払いが完了しますので、レシートを受け取っておしまいです。予め、ホームボタンに指を載せたまま、iPhone 7 / 7 Plusをリーダー端末にかざせば、一瞬で指紋認証まで終わるので、支払いがスピーディーになります。

 

f:id:matka1014:20161026212835j:plain
しっかりQUICPayで支払いができました。

iDでの支払いも試したら少しだけ手間取った

この調子でコンビニに移動し、iDでの支払いに挑戦しました。今度は、店員さんに「iDで」と言えば良いです。滑

f:id:matka1014:20160924145500j:plain
iDのときもQUICPayと同じでiPhone 7 /  Plus上面付近をリーダーにかざすといいはずです。

しかし、iPhoneをリーダーにかざしても、一行に支払い完了の音が鳴りません。

iPhoneの画面を確認してみると、オリコカード(QUICPay用クレジットカード)が表示されていました。リーダー端末はiDでの支払いを待っていたのに、iPhone側ではQUICPayでの支払いをしようとしていたため、エラーになっていたようです。

iDのクレジットカード(三井住友カード)を自分で選択

解決策としては、支払い時にiDのクレジットカードを自分で選択しなければなりませんでした。

f:id:matka1014:20161026210220j:plain
この画面だったのを、三井住友カードをタップします。

 

f:id:matka1014:20161026210223j:plain
すると登録クレジットカード一覧になるので、もう一度三井住友カードをタップ。

 

f:id:matka1014:20161026210226j:plain
この2段階を経た後で指紋認証をし、iDでの支払いを無事終わらすことが出来ました。

試しに別のコンビニに行ってみてiDで買い物をしようとしましたが、やはりこの操作をしないとダメでした。

メインカードに設定した支払い方法が自動で読み込まれる(表示される)?

f:id:matka1014:20161026221719j:plain
Apple Payの場合、レジでQUICPayを指定した時も、iDを指定した時も、関係なしにメインカードに登録されているクレジットカードに付与されている支払い方法の画面が最初に表示される可能性が高いです。

僕の場合はメインカードをオリコカードにしているので、レジでは毎回、QUICPayの支払い画面が表示されるようです。

試しに、メインカードを三井住友カードに変更して、iDでの支払いをしてみた所、すんなりと支払いができました。

メインカードの変更は、「設定」→「WalletとApple Pay」→「メインカード」で変更することが可能です。

QUICPay、iD両方を使いたい時の注意点

以上のことからわかったApple Payの注意点。

  • メインカードに選んだクレジットカードの支払いが優先される
  • メインカード以外の方法での支払いの場合は、支払い前に、該当カードを選択しておいてリーダー端末にかざすと良い
  • シームレスにiDとQUICPayを両方使用することは今のところ不可能

余談

f:id:matka1014:20161026231209j:plain
使用後は最後の支払いの金額を確認できるようになっているので、変な金額で支払われてなかったのか確認できるので、心配症の僕にも優しいです。

クレカ各社こぞってキャンペーン実施中

クレジットカード会社各社はこの機会に会員を少しでも増やして稼ごうとしています。その結果として、各社ともオトクなキャンペーンを開始しています。

いろんなクレジットカード会社がいろんなキャンペーンをしているので、積極的にキャンペーンに参加してお得にApple Payを使いましょう!

その中でも僕のオススメは、三井住友カードです。

5000円分まで全額キャッシュバックが貰えます。三井住友カードを作って、Apple Payで5000円だけ使えば、5000円丸々返ってくるのです。先着5万名までのキャンペーンですので、気になる方は是非!詳細は下記リンクより!

おすすめ記事!Apple Pay(アップルペイ) で三井住友カードを使い5000円のキャッシュバックを貰う方法

iPhone関連記事

関連!iPhone 7 Plus購入者が選ぶ、おすすめ人気ガラス保護フィルム

関連!iPhone 7 Plus購入者が選ぶ、おすすめ人気ケース

関連!iPhone 7と一緒に買うべき物・グッズ

関連!おすすめ格安SIMを比較してmineo(Dプラン)を選び契約

おすすめ記事!Apple Pay(アップルペイ) で5000円のキャッシュバックを貰う方法