読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつも向かい風

カメラ好きが、試される大地、北海道で試されるブログ

勝毎花火大会2016に行ってきた!合計2万発の北海道最大級の花火大会を鑑賞!グランドフィナーレの曲が良かった!

旅行 旅行-北海道
スポンサーリンク

スポンサーリンク




f:id:matka1014:20160814202140j:plain

北海道で最大級の規模を誇る勝毎花火大会2016に行って写真をとってきました。

大会概要

  • 日時:2016年8月13日19:30
  • 会場::帯広市・十勝川河川敷特設会場(十勝大橋下流400m付近)
  • 主催:十勝毎日新聞社

勝毎(かちまい)ってなんだろーって思いながら現地入りしたのですが、十勝毎日新聞社の通称なんですね。

毎年、8月の13日に開催される北海道で最大級の花火大会で、20万人くらいが集まり、2万発が夜空に打ち上げられます。今年は、土曜日開催になったため、更に多くの人が来たのではないでしょうか。

場所取りが大事

花火大会の撮影は場所取りが大事。開始の4時間前の午後3時ころに現地入りして、場所取りをしました。4時間まてば、良い写真が撮れるってわかっているので、4時間なんて大したことありません。

チケット・整理券を持っていない人は、一般開放席AかBに行くことになります。

もちろん僕も飛び入り参加でチケットなんて持っていなかったので、一般開放席に陣取ることになりました。

一般開放席は、花火打ち上げ場所に向かって右端か左端になります。風向きを考慮して、風上になる一般開放席Bを選びました。花火を撮影するなら絶対風上を選んでください。 

f:id:matka1014:20160814202041j:plain
花火大会開始1時間前くらいの写真です。北海道とは思えないほどにたくさんの人が集まっているのがわかります。

勝毎花火2016

勝毎花火2016は「キモチ あつまれ 8.13」をテーマに全6部で構成されていました。

第一部:鼓動

地元アーティストのTTSYa(タツヤ)さんがこの日のために書き下ろした完全オリジナル曲にのせた花火でスタート!

f:id:matka1014:20160814202043j:plain
一般開放席からは離れた所(有料席の真ん前)から打ち上げがスタート。ま、金払って見に来てくれる人にとって見やすい花火にするのは当然のことですよね。

f:id:matka1014:20160814202044j:plain
徐々に、打ち上げられる花火の範囲も広がり、無事目の前のところからも花火が打ち上がりました。

第一部中は、ピントの確認や、露出の確認でカメラにばかり気を取られて花火自体はあんまり楽しめませんでしたが、それなりに撮影できていて安心しました。

ガチな花火撮影事態は3年前の大曲の花火大会以来でしたが、あの時よりは、マシになったなと実感しました。

第二部:FUN FAN TOKACHI2016

第二部は、観客が楽しむ構成。妖怪ウィッチの宣伝花火があったり、曲の併せて、ライトを振ったりと、面白い取り組みでした。

f:id:matka1014:20160814202045j:plain
写真にすると全く伝わらないと思いますが、ジバニャンの花火。実物を自分の目で見た時はたしかにジバニャンの形でした。

第三部:JAPANEMOTION 

JAPAN+EMOTIONの造語。全国の有名な煙火店の職人が作った芸術玉の披露など、花火師にスポットを当てた構成。

f:id:matka1014:20160814202058j:plain

f:id:matka1014:20160814202053j:plain

f:id:matka1014:20160814202054j:plain
職人が魂を込めてつくった芸術玉は8つ紹介されたのですが、ひとつひとつ順番に上がるので、絶好の写真タイムでした。

第四部:ロゴスホーム花火ファンタジアin十勝

有料席目の前のやぐらを盛大に使ったパフォーマンス。今年で3回目だそうで、年々規模が拡大しているらしい。小林幸子状態ですな。

f:id:matka1014:20160814202101j:plain
ぷしゃーって花火が出ているのがやぐらです。ロゴス3号とか言ってた気がする。

第五部:とかちのキモチ

みんがグランドフィナーレを意識し始める第五部は、五輪選手に向けたエール花火やプロポーズタイム、ばんえい競馬を花火で表現といったプログラム。f:id:matka1014:20160814202105j:plainf:id:matka1014:20160814202104j:plain勝毎花火2016

第六部:グランドフィナーレ

いよいよ皆が楽しみにまっていたグランドフィナーレ!13分間ノンストップで花火が打ち上がり、クライマックスは勝毎花火大会の代名詞、錦冠(にしきかむろ)で、黄金の光が夜空をうめつくします。

f:id:matka1014:20160814202107j:plain

勝毎花火グランドフィナーレ

f:id:matka1014:20160814202109j:plain
グランドフィナーレ序盤は控えめな花火達。

 

f:id:matka1014:20160814202113j:plain

f:id:matka1014:20160814202115j:plain

勝毎花火
徐々に大きな玉になっていきます。

 

f:id:matka1014:20160814202119j:plain
そしてとうとう始まりました。錦冠タイム。

 

f:id:matka1014:20160814202123j:plain

f:id:matka1014:20160814202131j:plain

f:id:matka1014:20160814202138j:plain
圧巻!!

 

勝毎花火グランドフィナーレ
せっかくなんで、コンポジットで遊んでみました。

これにて、勝毎花火大会2016は終了。開始からフィナーレまで90分。本当にあっという間でした。

グランドフィナーレで使われていた曲

勝毎花火2016のグランドフィナーレに使われていた花火にベストマッチしていた曲はTRIPLANE/モノローグだそうで、即効スマホに入れました。この曲を聞くたびに、勝毎花火のグランドフィナーレを思い出すことができそうです。

モノローグ

モノローグ

 

 

www.youtube.com

 

オススメ!北竜町のひまわりの里で北海道の夏を味わってきた!2016年の見頃は8月下旬まで - いつも向かい風

最後に

以上、「勝毎花火大会2016に行ってきました!合計2万発の北海道最大級の花火大会」 でした。真正面からの花火鑑賞とは行きませんでしたが、十分に勝毎花火大会のすごさを体感することが出来ました。2017年も参戦することがあれば、計画的に動いて、花火の正面から見れるようにしたいです。 

そういえば、帰りの札幌方面への渋滞やばかったです。北海道でも渋滞するんだな〜って思いました。