読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつも向かい風

カメラ好きが、試される大地、北海道で試されるブログ

iPhone 7 Plus購入者が「おすすめ強化ガラス保護フィルム」17種類を厳選!全画面保護タイプやブルーライトカットなどの大人気商品【iPhone 7 / 7 Plus用】

ガジェット ガジェット-iPhone レビュー(買ったもの)
スポンサーリンク

スポンサーリンク




f:id:matka1014:20160930210752j:plain

※最終更新日:12月7日

iPhoneを購入した時に一緒に購入すべきマストアイテムといえば、ガラス保護フィルムです。

ということで、iPhone 7 Plus購入者の僕が惹かれたおすすめの強化ラス保護フィルムを紹介していこうと思います。この記事を読めば、きっとあなたにぴったりのガラス保護フィルムが見るかるはずです!

購入の際は、iPhone 7とiPhone 7 Plus間違わないように気をつけてくださいね。

強化ガラス保護フィルムと普通のシートフィルムの違い

強化ガラス保護フィルムと普通の保護シートの違いをまずは記載しておきます。

最近のトレンドですと、ガラス保護フィルムを使用している人が多いです。

ここで、まずは、気になる強化ガラス保護フィルムと普通の保護シートの特徴や違いを簡単にまとめてみます。

 保護シート ガラスフィルム  
値段 安い すこし高い
厚さ 薄い 厚い
貼りやすさ 気泡入りやすい 気泡レスで貼りやすい
さわり心地 サラサラ ツルツル
範囲 全面 液晶面だけの物も
強度 傷付きやすい 傷付きにくい
綺麗さ そこそこ きれい

値段
一般保護シートは500円以下のワンコインの物もあります。一方ガラスフィルムは品質の良い物は1000円前後以上になります。

厚さ
一般保護シートは、ペラペラなので薄いですが、ガラスフィルムは最薄商品でも0.1mmのようです。(僕の経験談ですが、ケースをつければ、ガラス保護フィルムの厚さは気にならないでしょう。)

貼り付け
一般保護シートは、気泡が入りやすくて大変です。気泡だらけのiPhoneユーザーは大体保護シートを使っているような気がします。ガラス保護フィルムは、気泡が入りづらく、貼りやすいです。

さわり心地
ガラス保護フィルムのツルツルした感触が個人的にはたまらなく好きです。

保護する範囲
保護シートは全面を保護する物が多いです。液晶面をギリギリカバーできるだけの商品が多いです。iPhone全面を保護したい場合は、全面保護のガラス保護フィルムを購入すると良いです。

強度
一般保護シートは、すぐに傷が付きます。一方、ガラスフィルムは強度が硬いため、スペック的にはナイフで引っ掻いても傷がつかない強固な物もあります。

綺麗さ
ガラス保護フィルムは本当に綺麗。しっかりした物を選べば、画面を見るとうっとりするくらいです!しかも傷がつきにくいので、その綺麗さが長続きします!

シートかガラスのどっちが良いのか

個人的な意見ですが断然、ガラス保護フィルムが断然好きです。

貼りやすさに加えて、綺麗だし、傷がほとんどつかないので、長く綺麗に快適に使用することが出来ます。また、一度、張ってしまえば剥がれにくいこともオススメなポイントです!

そして、お手入れ方法もガラス保護フィルムの方が簡単です。ガラス保護フィルムは傷が付きにくいという特徴があるので、汚れたらティッシュなどの繊維の粗い物で拭いても問題ありません。

通常のおすすめガラス保護フィルム(クリアタイプ)

まずは一般的なクリアタイプのガラス保護フィルムを紹介します。

愛用中!NIMASOのガラス保護フィルム

これは筆者愛用中のガラス保護フィルムです。

NIMASOというメーカーのガラス保護フィルム。

手触りもよく、透明度も申し分なく、かなり気に入って使っています。

一つだけ、気をつけたいポイントをすれば、フィルム横幅が液晶の幅とほぼ同じという事。(これは、どのガラス保護フィルムにも共通することです。)

ガラス保護フィルム張り付け作業は、真剣にそして慎重に行うことをおすすめします。

画面全体を保護できるガラス保護フィルムがほしいよ!って方向けの商品も後で紹介するので、下の方にスクロールしていってみてください。

  • 安心の日本製(一流ガラスメーカーの旭硝子製)の強化ガラス使用
  • 透明度99.99%でディスプレイの美しさを損なわないデザイン
  • 指紋がつきにくく滑らかな指ざわり
  • 当ブログ経由のアクセスが断トツ1番人気がこのNIMASOの保護フィルム
  • 一時期(9月下旬頃)在庫無しになった大人気商品
  • 筆者はこの商品を購入して愛用中(9月下旬〜)

Amazonで高評価のガラス保護フィルムとケースをiPhone 7 Plusに装着してみた結果をレビュー【NIMASOとSpigen】

ところで旭硝子という会社をご存知ですか?

旭硝子は、世界を代表するガラスの大手メーカーで、車のフロントガラスから建物のガラスなど、我々の身の回りでたくさん使用されています。

最近では、北陸新幹線の窓ガラスも旭硝子が担当したというので話題になったりしました。旭硝子製のガラスだということを示す「AGC」のマークがそこら中にあるはずです。

また、旭硝子はガラス保護フィルムだけでなく、スマホの液晶ガラス基板そのものも製造するしている信頼できるメーカーです。

あと、三菱系の財閥の会社です。本社が東京駅目の前の新丸の内ビルディング内にあります。ネームバリュー的にも、品質的にもかなり信頼できる会社です。

CASEBANKの強化保護ガラスフィルム(ドラゴントレイル X採用) 

次はCASEBANKのガラス保護フィルムです。こちらも、旭硝子製の強化ガラスを使用しています。

  • 一般ガラスの8倍の強度をもつドラゴントレイルX採用
  • 透明度は95%
  • 指すべりが滑らか

ドラゴントレイルXは凄いガラスです。割れないガラスとして有名になり、スマホの液晶カバーガラスとして採用されているだけでなく、サッカースタジアムのベンチルーフのガラスにも採用されています。 

CASEBANKの強化保護ガラスフィルム(ゴリラガラス採用)

続いてもCASEBANKのガラス保護フィルムですが、ガラスの製造メーカーが異なります。ひとつ前のドラゴントレイルXは日本の旭硝子製でしたが、こちらのゴリラガラスはニューヨークに本社があるコーニング製のガラスです。

ゴリラガラスもドラゴントレイルX同様構成の強化ガラスなので、信頼できます。

  • 透明度90%
  • 滑らかな指ざわり
  • ゴリラガラス採用

透明度が他の2つよりも少し悪いのが気になりますが、安価にこのレベルの保護フィルムをゲットできるのは嬉しいです。

高評価!Amazonで高評価連発のAutoGOのガラス保護フィルム

Amazonのレビューで5つ星連発の超高評価なガラス保護フィルムを見つけました。いまならこれがかなりオススメかもしれません。

  • カッターでも傷がつかない硬度9H
  • 厚さは0.15mmとNIMASOなどの半分
  • 透明度は98%
  • 水・油を弾くコーティング加工済
  • Amazonで高評価連発
  • 貼るのが非常に簡単(Amazonレビューより抜粋)
  • インカメラ部分もガラスで覆うデザインです

レビュー星5連発!Dyxの高評価強化ガラス保護フィルム

2016年11月8日現在、Amazonのレビューすべてが星5のガラス保護フィルムを見つけました。さすがに全レビューが星5なのは怪しいですが、物は良さそうです。それが、こちらのDyxの製品です。画面に吸い付くガラスフィルムで、貼り付ける場所を決め、真ん中を指で軽く押さえるだけで、気泡レスで貼り付けることができます。

  • 硬度9Hでナイフでも傷が付かない
  • 厚さ0.15mmで薄い設計
  • 厚さが薄いので、iPhoneの液晶の美しさが伝わりやすい
  • 撥水、撥油コーティング加工済
  • 気泡レスで貼り付けられる

Spigenのガラス保護フィルムが登場

iPhoneのケースでもとても有名なSpigenから、おすすめなガラス保護フィルムが登場しました。

現在、僕が使用しているSpigenのケースが非常に使い心地が良いので、こちらの保護フィルムも非常に気になります。

Spigenのケースと一緒に購入することを考えてみてはどうでしょうか?

関連記事Amazonで高評価のガラス保護フィルムとケースをiPhone 7 Plusに装着してみた結果をレビュー【NIMASOのフィルムとSpigenのケース】

  • SPIGEN 独自のオレオフォビックコーティング(撥油コーティング加工)
  • 硬度9Hでナイフで引っ掻いても傷つかない
  • Spigenのケースとの相性良し
  • 特殊なシリコン粘着剤を使用で、取り付けが簡単
  • 厚さ0.4mmなのでちょっと厚め

BEGALOのガラス保護フィルム(安い!)

BEGALOのガラス保護フィルムです。この商品は今回紹介するガラス保護フィルムの中では一番安価です。

いいモノを長くという考えではなくて、安いもので定期的に交換して使っていくという考えの方にはオススメできます。

  • とにかく安いものを!という人におすすめ
  • 日本製ガラス使用

ラスタバナナのガラス保護フィルム(ドラゴントレイルX)

ラスタバナナという20周年を迎える会社が販売するガラス保護フィルム。ガラスは旭硝子ドラゴントレイルXを採用。極薄設計が特徴です。

  • 0.2mmの極薄設計
  • 傷がつきにくい表面硬度9Hの高光沢ガラスパネル
  • 光沢素材
  • エッジは丸みを帯びているのでやわらかい指ざわり
  • 透明度96%

更に薄いエレコムのガラス保護フィルム(iPhone 7のみ)

ゴリラガラスで0.1mmという超極薄設計のエレコム製ガラス保護フィルムです。

  • 0.1mmの厚さで極薄(確認できた中で最薄)
  • ゴリラガラス採用
  • iPhone 7 Plus用は用意されていないので注意

ベストセラー!AnkerのiPhone 7用ガラス保護フィルム

充電機器で超有名なAnkerからiPhone 7用ガラス保護フィルムが販売されています。

  • Ankerのガラス強化保護フィルム
  • 幅が液晶画面ギリギリなのは注意(Amazonレビューより)
  • Ankerからはケースも販売中なので、iPhone関係のグッズをAnkerで揃えることが可能。
  • 現在のAmazonベストセラーはこれ!

MaxKuの全体保護のガラスフィルム

  • 旭硝子のガラスを使用した保護フィルム
  • 透明度が99%以上とかなりの透明
  • 硬度9H 厚み0.23mm
  • ベゼルの色は白・黒・ピンクが用意されている

AVIDETの全面保護ガラスフィルム

  • 高度9H(ナイフより硬い)
  • 厚さ0.3mm
  • 3Dラウンドエッジ加工(フチに行くにつれて側面が滑らかにカーブしている)
  • 透明度は96%

NIMASOの全面ガラス保護フィルム

  • フチ部分の色は黒か白が選べる
    →黒のほうが画面が見やすくなると言う意見あり
  • 旭硝子製の安心感
  • 出荷前に検品済み
  • フロント部分全面を覆える
  • 気泡0、厚さ0.3mm、透明度99.99%

ブルーライトカットのガラス保護フィルム

目が疲れにくくなると言われている、ブルーライトカットのガラス保護フィルムもあります。

NIMASOのブルーライトカットガラス保護フィルム

NIMASOのブルーライトカットガラス保護フィルム。ブルーライトカットにより、目が疲れにくくなると言われているが、本来のディスプレイの発色を楽しむことはできなくなるので注意です。すこし全体的に黄色がかって見えるようになってしまいます。仕事用にiPhoneを使う人にはおすすめできるかもしれません。

  • 人気メーカーNIMASO製
  • ブルーライトカット率92%
  • 青い光をカットし、目の疲れを低減
  • 撥水、撥油コーティング加工済

Farfallaのブルーライトカットの保護フィルム

  • ブルーライト92%カット
  • CORNINGのゴリラガラス採用
  • コーティング時間が一般的なフィルムの倍の5時間なので、サラサラした手触りが売り

のぞき見防止のガラス保護フィルム

NIMASOの覗き見防止ガラス保護フィルム

NIMASOは色々な種類のガラス保護フィルムを販売しています。覗き見防止のガラス保護フィルムもNIMASO製の物がおすすめできます。正面以外から覗き込まれたときには、見えにくくするフィルムです。

  • 上下左右からの全方向の覗き込みを防ぐ
  • ガラス保護フィルムの厚さは0.3mm
  • 光の透過率は90%
  • デザインはクリアタイプの物と同じ
  • 硬度9Hなので、カッター・ナイフでも傷が付かない

エレコムの覗き見防止ガラス保護フィルム

エレコムから販売されている正面以外から覗き込んだ場合に、画面が黒くな見えるので覗き魔対策用のガラス保護フィルムです。電車内などで覗き見されたくない人や仕事で使う人には良いのではないでしょうか?

  • 全方向からの覗き込みを防止
  • 失敗しても張り直しが効く
  • 置くだけで自然に張り付きやすい

iPhone 7・iPhone 7 Plus用のおすすめ格安SIMのまとめ

強化ガラス保護フィルムのランキング

※個人的意見ですが、おすすめのガラス保護フィルムのラインキングを発表します。

1位:透明度が高いNIMASOのガラス保護フィルム

NIMASOのガラス保護フィルムは透明度が99.99%で紹介したフィルムの中では一番高いです。

ガラス保護フィルムを着けながらも、Retinaディスプレイを最大限活かしてiPhoneライフを楽しむことができるでしょう。

筆者も愛用していますが、コレに決めて良かったと心から思っています。

2位:強度で選ぶならCASEBANKのガラス保護フィルム

とにかく強度が欲しいっていう場合は、CASEBANKのガラス保護フィルムがおすすめですね。

ドラゴントレイルX、ゴリラガラスといった構成の強化ガラス使用なのは有り難いです。

ドラゴントレイルは、スマホの表面のガラスにも使われている信頼性の高い製品です。

3位:薄さが決め手のAutoGOのガラス保護フィルム

Amazonでも高レビュー連発のガラス強化保護。一般的なガラス保護フィルムの半分の厚さの0.15mmというのと、透明度が98%と高いことが高評価につながっているようです。もし、ガラス保護フィルムを買い換える場合はこの1枚を有力候補にしたいと思っています。

4位:全画面守りたいならNIMASOの全画面保護ガラスフィルム

最近の、ガラス保護フィルムのトレンドなのか、ガラス保護フィルムの横幅が、iPhoneの液晶の幅とほぼ同じ物が多いです。

貼り付け作業を少しでもミスってしまうと、液晶が保護されなくなってしまいそうで不安です。

そんなは絶対イヤだという場合は、NIMASOの全画面保護ガラスフィルムが最適でしょう。

注意点は、ケースと干渉してしまうことがないか確認すべしということで

オススメ!iPhone7の写真撮影で一緒に使いたいスマホ用のお役立ちカメラグッズ - いつも向かい風

NIMASOのガラス保護フィルム(クリアタイプ)を購入

僕は、透明度優先でNIMASOのガラス保護フィルムを購入しました。

NIMASOのガラス保護フィルムが到着 

注文から約1週間経った頃、NIMASOのガラス保護フィルムが着荷しましたので写真を載せておきますね。

NIMASOのiPhone7用ガラス保護フィルム
箱はこんな感じ、ありがちな派手さはないものの、非常に頑丈な部材が使用されていて高級感のある作りでした。黒い部分を剥がすと箱を開けることが出来るのですが、黒テープの粘着力がすごくて一苦労でした。

頑丈な梱包でしたので、輸送中に割れてしまう心配は無いと思えました。

 

NIMASOのiPhone7用ガラス保護フィルム
中に入っているのはこんな感じ。取説、アルコールウェットティッシュ、ホコリ取り、目印ステッカー、空気押出用のヘラとフィルム本体が入っていました。 不器用な人でも簡単に失敗せずに貼れる配慮がされているのには好感が持てました。

最後に

以上、iPhone 7 Plus購入者が「おすすめガラス保護フィルム」17個を厳選!全画面保護タイプやブルーライトカットなどの大人気商品【iPhone 7 / 7 Plus用】でした。

是非ガラス保護フィルムを貼って傷から守り、長い期間大切に使っていきましょう!

オススメ!Apple Pay(アップルペイ)でQUICPayとiDを両方一緒に使ってみたら少し手間取った

関連!iPhone7 / 7 Plusを傷から完璧に守るためにオススメのアイテム

オススメ!iPhone 7 Plus購入者が選ぶ、おすすめ人気ケース

オススメ!Amazonで高評価のガラス保護フィルムとケースをiPhone 7 Plusに装着してみた結果をレビュー

オススメ!おすすめ格安SIM【iPhone 7 / 7 Plus向け】