読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつも向かい風

カメラ好きが、試される大地、北海道で試されるブログ

iPhone7 / 7 Plusを傷から完璧に守るためにオススメのアイテム【保護フィルム・ケース・背面保護フィルムなどで傷防止】

ガジェット ガジェット-iPhone
スポンサーリンク

スポンサーリンク




iPhone7plus
iPhone 7 / 7 Plusを購入し、手元に届いて大切に使っている人、手元に届くのを楽しみにしている人と様々いらっしゃるのではないでしょうか。

おそらく、皆さん、大切で高級品のiPhoneに傷ひとつつけたくないという気持ちで一杯ではないでしょうか?

特に新色のジェットブラックは非常にカッコいいですけど、傷や指紋が着きやすいって噂ですからね。

この記事では、iPhone 7 / 7 Plusを傷から守るために必要なおすすめiPhone保護アイテムを紹介していきます。

オススメ記事!三井住友カードはApple Pay(アップルペイ)を使うとお得なクレジットカード!

液晶保護ガラスフィルム or 液晶保護シート

必須度:★★★★★

液晶を保護するガラスフィルムもしくは保護シートは必ず買ったほうが良いと思います。保護フィルムを使用しないで、iPhoneの画面に傷が付いてしまったら、その傷を毎日眺め続けることになってしまいます。そんなの嫌ですよね。

また、もし、将来中古でiPhone 7 / 7 Plusを売ることになった場合にも、画面に傷がついていると大幅な査定ダウンの原因になってしまいます。

保護フィルムの価格 << 査定ダウン額になる可能性が大ですので、液晶保護フィルムは買っておいて損がないです。

ちなみに、街なかの家電量販店や携帯電話ショップでは、3000円以上の物を進められたりしますが、Amazonで購入すれば、高品質のものを1500円以下で購入できます。

おすすめガラス保護フィルム保護フィルム

f:id:matka1014:20161006001814j:plain

ガラス保護フィルムでのおすすめはNIMASOの強化ガラスです。強度9Hでナイフで引っ掻いても傷が付かないという物です。また、透明度が非常に高い99.99%でiPhone本来のRetinaディスプレイの綺麗さを損なわいません。厚みが0.3mmあるので、ホームボタンとの間に段差が出来てしまいます。それが嫌な場合は、ガラス保護フィルムではなく、一般の保護フィルムを使用するのが良いでしょう。

NIMASOをおすすめする理由は実際に自分も使っていて気に入っているからです。その詳細は次の記事を御覧ください
関連記事!Amazonで高評価のガラス保護フィルムとケースをiPhone 7 Plusに装着してみた結果をレビュー【NIMASOのフィルムとSpigenのケース】

おすすめ保護フィルム(非ガラス)

一般保護フィルムの利点は、厚みが薄いので、ホームボタン部分に段差が出来ないこと、とにかく安いことが挙げられます。

一方でガラスフィルムをと比較すると傷は傷つき易いので、iPhoneの液晶画面そのものはしっかり保護できますが、フィルム面は傷だらけになり、画面が見にくいということになるかもしれません。

個人的にはガラス保護フィルムがおすすめです。 
関連記事!iPhone 7 Plus購入者が「おすすめ強化ガラス保護フィルム」17種類を厳選!全画面保護タイプやブルーライトカットなどの大人気商品【iPhone 7 / 7 Plus用】

ケース

f:id:matka1014:20161116223734j:plain

必須度:★★★★☆

ガラス保護フィルムでiPhoneの液晶を完璧に保護したら、次は本体部分の保護です。 ケースがあれば、ポケット内で他の物との擦れ傷を防ぐだけではなく、もし万が一、iPhoneを地面に落下させた時の生存率が高まります。

ケースなしで落としてしまった場合、高い確率で液晶にヒビが入ったり、iPhoneに大きな傷が付いてしまいます。

ケースに入れて、もしもの時から完璧に守りましょう。

おすすめケースはSpigen製

傷からiPhoneを守るためのケースの選び方で重要なポイントは4つです。

  1. どの部分が覆われているか
  2. りんごマークは見えるか
  3. 落とした時の耐久試験済みか
  4. 滑りにくいか

この4点を考慮すると、Spigenのケースがおすすめできます。

こちらのSpigenのケース(ラギッド・アーマー)はAmazonでもベストセラーになっています。iPhoneの象徴であるリンゴマーク部分は丸い穴が空いているので、ケースに入れてもロゴが見えます。

f:id:matka1014:20161116223745j:plain

また、フチの部分は、全面が1.2mm、背面が3mmの厚さがあります。厚くはなってしまうのですが、iPhoneの画面とカメラ・レンズをしっかりと守ってくれます。

そして、ケースの四つ角の内側部分に落下時の衝撃を効率よく吸収するための空洞(エアクッションテクノロジー)を採用したことで、米軍の耐衝撃基準MILを満たしています。背面内側がスパイダー状の模様になっていることも落下衝撃の吸収に役立っています。

※MILとは、1.2mの高さから26回落としてもiPhoneが壊れないという耐衝撃性です。

エレコム製のケースも耐衝撃に優秀

日本のメーカーのエレコムのZEROSHOCKというケースも耐衝撃に関しては優秀です。デザインの好き嫌いはわかれそうですが、落下時に衝撃を受けやすい4つ角にダンパーを設置したデザインになっています。

また、保護フィルム(非ガラス)が付属するのでお買い得です。

関連記事!iPhone 7 Plus購入者がオススメの人気ケースを厳選!

ケースを使わないなら背面保護シート

ケースを使いたくないって人は、背面保護シートだけでも貼っておくと良いと思います。

机との擦れ傷や、ポッケ内部の物との擦れ傷から最低限守ってくれるでしょう。

関連記事!iPhone 7 / 7 Plusの新色ジェットブラックの傷・指紋防止対策にオススメは背面専用保護フィルム・シート

ホームボタンシール

必須度:★★★☆☆

ホームボタンを保護するシールもあります。ホームボタンシールを貼った状態でも指紋認証は問題なく動作します。

ホームボタンを保護できるだけではなく、ガラス保護フィルム使用の場合にできてしまう、フィルムとホームボタンとの段差を無くせるのもオススメなポイントです。

シールの色は透明な物もあれば、クールな黒い色のものもあります。

カメラ・レンズ保護フィルムやリング

必須度:★★★☆☆

最後になりましたが、カメラ・レンズの保護アイテムは忘れがちですが、大切なので、紹介しておきます。

もしも、カメラ・レンズに傷が付いてしまうと、写真にその傷が写り込んでしまう可能性があります。

せっかく、iPhone 7 / 7 Plusは非常に優秀なカメラが搭載されているので、最高のコンディションを維持しておきたいですね。

カメラ・レンズ保護リングに関しては、iPhoneのカメラをデコレートしてオシャレな感じにしてくれるのもグッドポイントです。

関連記事!iPhone 7 / 7 Plusはカメラレンズの保護にはレンズ保護フィルムやカメラレンズ保護リングがオススメ!

秋冬スマホ・アクセサリーセール