読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつも向かい風

カメラ好きが、試される大地、北海道で試されるブログ

インナーボックスで普段使いのバッグをカメラバッグに変身!ミラーレスや小型一眼レフの持ち運びにおすすめ

カメラ・写真
スポンサーリンク

スポンサーリンク




 

f:id:matka1014:20160727212718j:plain

カメラバッグって難しいです。機能性を重視すると、いかにもな感じになってデザイン性が損なわれることが多い。かと言ってデザイン性を重視すると機能性が良くない。

カメラバッグにバランスを求めるのは酷な話なんじゃないかなって思っていました。

この記事では、カメラバッグにデザイン性も求めるなら、インナーボックス(クッションボックス)というカメラグッズを使って、お気に入りのショルダーバッグやリュックをカメラバッグとして使えるようにしちゃうのも一つの手ですよって話をしようと思います。

関連記事!大切なカメラの持ち運びに便利なカメララッピングクロスを紹介

インナーボックスとは

f:id:matka1014:20160725234241j:plain

インナーボックスはこのようなカメラグッズです。クッション性のボックスで、その中にカメラやレンズを収納することが可能です。

だいたいのインナーボックスにはマジックテープ式の仕切りが付属しているので、自分の持っているカメラとレンズのサイズに合わせて、部屋分けすることが出来ます。

常用しているインナーボックスの紹介

インナーボックス所有しているインナーボックスはこちら。たぶんエツミ製です。かれこれ、4年以上は使っていると思います。買った当時は、ビビッドなオレンジだったはずですが、今では、年季の入ったオレンジになっています。

素材はふかふかしたクッション性の物になっているので、カメラやレンズの保護にも適しています。

 

エツミのインナーボックス
巾着式になっていて、上部を閉じることができるます。

 

インナーボックス
通常使用時は、巾着部分をボックス側面に折り返すことで、カメラやレンズの出し入れがスムーズに行える設計になっています。

インナーボックスで普段使いの鞄をカメラバッグに変身

前述のインナーボックスとペアで活躍してくれていたのは、Timbuk2(ティンバック2)というショルダーバッグです。1年半くらい使っています。なかなか丈夫な鞄で、結構手荒く扱ってしまったりしていますが、バリバリの現役で特にヘタリもなくて気に入っています。

Timbuk2黒

レビュー記事!TIMBUK2(ティンバック2)メッセンジャーバッグは通勤鞄・カメラバッグとしてオススメ

f:id:matka1014:20160727204051j:plain

インナーボックスにメイン機のα7Ⅱを収納してみました。ボディにはSEL1635Zを付けた状態で、カメラ隣の小部屋には小型の単焦点レンズSEL55F18Zを収納しています。

レンズを付けた状態のミラーレス1台+交換レンズ1本(望遠レンズは厳しい)なら収納して持ち運ぶことが出来ると思います。

インナーボックスを選ぶ時の注意点

寸法

当たり前の話ですが、バッグよりもインナーボックスの大きさが小さくなるようにしましょう。

黒以外をオススメします。黒だと、インナーボックスと機材の区別がつかないからです。鮮やかな色にすることで、どこにカメラ、レンジがあるのか一発でわかるようになります。

オススメのインナーボックス

オススメできそうなインナーボックスを4つ紹介します。アマゾンや楽天では様々なサイズのインナーボックスが販売されていますが、今回は、普段使いの鞄に入りそうな大きさのインナーボックスに絞って紹介してみます。

エツミのETM-9851(アマゾンオリジナル)

  • サイズ(約) : (内寸)奥行95×横幅245×高さ165mm
  • APS-Cサイズの一眼レフならダブルズームレンズキットが収納可能
  • カラーバリエーションはオレンジ、紫、赤、黒、グレー

現在僕が使用しているインナーボックスに一番近いタイプがこちらです。

エツミのE-6128

おすすめポイント

  • サイズはS、M、Lがラインナップされている
  • 幅は2段階で調整可能
  • こちらもエントリークラスの一眼の収納OK

3サイズありますが、Mサイズ、Lサイズは高さが高すぎな感じなので、Sサイズが良いかと思います。

f:id:matka1014:20160727210641j:plain

f:id:matka1014:20160727210633j:plain
このように幅を2段階で調節できます。

MOUTHのMJC12024

おすすめポイント

  • おしゃれなデザインでカラーバリエーションも抱負
  • 幅28cm×高さ13.5cm×奥行12cmでゆったりサイズ
  • Kiss X4やD5500などのエントリークラスのAPS-C一眼なら、標準レンズを付けたボディ+交換レンズ2本が収納可能。エントリークラスのフルサイズも頑張れば収納可能

今回紹介するインナーボックスの中で一番おしゃれなデザインだと思います!

HAKUBAのKCS-38DBK

おすすめポイント

  • 使わない時は、平たく折りたたむことができる
  • メッシュポケット付きで、クリーニンググッズも一緒に収納できる

f:id:matka1014:20160727212216j:plain
側面のメッシュポケットが便利そう!クリーニンググッズを入れるのに最適ですね。

オススメ!カメラメンテナンスのおすすめ神アイテム「レンズペン3」を購入!ついでにクリーニングティッシュやブロアーも新調

最後に

以上、「インナーボックスで普段使いのバッグをカメラバッグに変身!ミラーレスや小型一眼レフの持ち運びにおすすめ」でした。

この他にもアマゾンや楽天にはたくさんのインナーボックスが売っていますので、是非自分のお気に入りを見つけてみてください!

関連!大切なカメラの持ち運びに便利なカメララッピングクロスを紹介