読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつも向かい風

カメラ好きが、試される大地、北海道で試されるブログ

プレミアリーグの賞金は優勝したレスターよりもアーセナルの方が高い件

サッカー
スポンサーリンク

スポンサーリンク




f:id:matka1014:20160506163635j:plain

15-16シーズンのイングランドプレミアリーグを見事優勝したレスター。レスターのオーナー(タイのキングパワーグループ会長)が選手全員にベンツをプレゼントしたり、優勝旅行をプレゼントしたりと凄い話が続いています。

レスターにはどのくらいの賞金がプレミアリーグから支払われるのかなと思って調べたら、意外な事実がわかりました。

プレミアリーグ優勝したのはレスターですが、プレミアリーグでの獲得賞金は6位らしいです。一年を通して特に見せ場の無かったリヴァプールよりも低い6位なんだそうです。

※1ポンド=155円で計算

今シーズンのプレミアリーグ獲得賞金ランキング

1位:アーセナル 9810万ポンド(152億円)

2位:マンチェスターU 9580万ポンド(148.4億円)

3位:トッテナム 9500万ポンド(147.2億円)

4位:マンチェスターC 9430万ポンド(146.1億円)

5位:リヴァプール 9240万ポンド(143.2億円)

6位:レスター 9090万ポンド(140.8億円)

7位:チェルシー 9080万ポンド(140.7億円)

最終順位が決まるシーズン終了後に金額は確定するようですが、現段階では、このように試算されています。多少の金額の変動はあるかもしれませんが、レスターが獲得賞金でも一位になることはありえないでしょう。

では、なぜ、優勝したレスターよりも、アーセナルやリヴァプールのような期待はずれに終わったチームのほうが獲得賞金が高いのか説明していきます。

プレミアリーグの賞金(放映権料)の分配方法

プレミアリーグの賞金の分配法は、日本語ベースでしっかりとした情報が載っているサイトがなかったので、こちらのイギリスのサイトを参考にしました。

Premier League Prize Money 2016 (Confirmed)

プレミアリーグで一年間頑張った御褒美は放映権料の分配という形でプレミアリーグから各クラブに支払われます。

今季のプレミアリーグの放映権料は£17.3 billion。1 billion = 10億なので、17.3億ポンドということです。17.3億ポンドをプレミアリーグに所属する20のクラブで分け合います。

この17.3億という数字は、国内放映権料と国外放映権料が足し合わさった数字になっていて、 国外放映権料と国外放映権料は別々の分配方式で各クラブに分配されます。

また、放映権料とは別にコマーシャル収入も20クラブに均等に分配され、今シーズンのコマーシャル収入は1クラブあたり439万ポンドが取り分です。

国外放映権料の分配方法(OVERSEAS TV) 

国外放映権料の分配方法は非常にシンプルかつ明快です。単純に20クラブで均等に分配しましょうってことになっています。国外放映権料が1000万ポンドだったなら、所属クラブの20で割った50万ポンドが1クラブあたりの取り分です。そして、今シーズンの場合1クラブあたりの国外放映権料の取り分は2757万ポンドです。

国内放映権料の分配方法

国内放映権料については少しだけ複雑で、3つのパートに分かれています。

均等分配部分(EQUAL SHARE)

国内放映権料の50%に関しては、国外放映権料と同様に20クラブで均等に分配します。今シーズンの場合、1クラブあたりの国内放映権料の取り分は2196万ポンドです。

順位報酬(MERIT PAYMENT)

国内放映権料の25%は順位報酬として分配され、最下位(20位)のチームが123万ポンドで、それ以降、順位が1つ上がることに、123万ポンド加算されていきます。優勝したレスターは、2470万ポンドの順位報酬を獲得することになります。

放映試合数(FACILITY FEES)

国内放映権料のもう25%は、そのクラブが1年間で何試合TV中継されたかによって貰える報酬です。1試合放映されると約90万ポンド貰うことが出来ます。仮に調子が悪くても人気チームで有れば有るほど、たくさん放映されるので、この報酬が高くなります。

不人気チームのための救済措置的な物もあります。放映試合数が10試合以下の場合は、875万ポンドを貰うことが出来ます。

放映試合数(FACILITY FEES)の違いが原因

年間勝点順位と獲得賞金順位に逆転現象が起きるのは放映試合数によって貰える報酬(FACILITY FEES)がポイントになっています。

FACILITY FEESを除いた賞金は次のとおりです。(OVERSEAS TV + EQUAL PAYMENT + MERIT PAYMENT + コマーシャル収入)

  • レスター:7880万ポンド
  • アーセナル:7630万ポンド
  • リヴァプール:7140万ポンド

ここでの差は、順位報酬であるMERIT PAYMENTの違いによるものです。この段階では勝点順位1位のレスターが一番賞金が多くなっています。

では次にFACILITY FEES単体を見てみます。

  • レスター:1210万ポンド(14試合放映)
  • アーセナル:2180万ポンド(25試合放映)
  • リヴァプール:2100万ポンド(24試合放映)

1試合の放映毎に約90万ポンド獲得できる仕組みです。レスターは今シーズン14試合しか放映されていないのに、アーセナル、リヴァプールは25試合放映されています。アーセナル、リヴァプールはプレミアリーグでも屈指の人気を誇るクラブチームですので、優勝争いから脱落しても放映試合数が自ずと多くなるのです。人気チームとそうで無いチームでは、このFACILITY FEESに1000万ポンド以上の差が生じることもあります。

そして、賞金全てを合計すると次のようになるのです。

  • レスター:9090万ポンド(140.8億円)
  • アーセナル:9810万ポンド(152億円)
  • リヴァプール:9240万ポンド(143.2億円)

 FACILITY FEESの少なさが原因で、レスターの獲得賞金合計がアーセナルやリヴァプールよりも低くなってしまうことがわかりました。

プレミアリーグは、最下位のチームでも、放映権料の分配金がバイエルン・ミュンヘンよりも高額なので、かなり恵まれたリーグなんです。

まとめ

  • プレミアリーグを優勝したレスターよりも、アーセナルやリヴァプールの方が獲得賞金が高い
  • FACILITY FEESと呼ばれる、年間放映試合数に応じた報酬がレスターは低いことが原因