読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつも向かい風

カメラ好きが、試される大地、北海道で試されるブログ

【MAC】外付けHDDのファイルのコピー・削除等ができない時の対策はexFATにフォーマットするのが手っ取り早い【OS X El Capitan】

テクノロジー ガジェット
スポンサーリンク

スポンサーリンク




f:id:matka1014:20160503082121j:plain

最近、iMacを購入して、ガシガシと使い倒しているところなのですが、使い始めの頃に困ったことがありました。

Mac購入以前(Windows時代)から使用していた外付けHDDにファイルをコピーしたり、外付けHDDに保存しているファイルの削除が出来なかったのです。

簡単に解決する方法がありましたので、書いておきたいと思います。

原因は外付けHDDのフォーマットがNTFSだった事

原因はどうやら、外付けHDDのフォーマットにありました。

フォーマット形式がNTFSでした。(スクショ撮り忘れ)

FTFSはウィンドウズのみでしか書き込みができない形式らしいです。

そのため、iMacからはファイルの削除やコピーが出来なかったのです。

解決策は外付けHDDをフォーマットし直す事

解決策は簡単で、MacでもWinでも読み書き出来る形式にフォーマットし直してしまえば良いのです。

MacでもWin(Windows10もOK)でも読み書き出来る形式は2つあります。

FAT32

  • 1つの領域で確保できるのは2TBまで
  • 取り扱えるファイルサイズは4GBまで

exFAT

  • 4GB以上のファイルでも扱える

ということでexFATにフォーマットしました。

exFATへ外付けHDDをフォーマットする方法

1. 外付けHDD内のデータを一時退避

フォーマットを実行すると、外付けHDDの内部のデータが消え去るので、フォーマットする前に、大切なデータをPCドライブなどに一時退避させましょう。

2. ディスクユーティリティでフォーマット

外付けHDDのフォーマットにはディスクユーティリティを使用します。

場所はアプリ>ユーティリティ>ディスクユーティリティ

mac外付けHDDフォーマット変更

ディスクユーティリティを開いたら、外付けHDDを選択

mac外付けHDDフォーマット変更

上部にある、「消去」をクリック

f:id:matka1014:20160519232320p:plain

フォーマットを「exFAT」にして右下の「消去」をクリック

f:id:matka1014:20160519232321p:plain

自分の場合は数秒でフォーマットが完了しました。

外付けHDDの情報を確認してみるとフォーマットがexFATになっています。

f:id:matka1014:20160519232322p:plain

あとは、地道に一時退避させていたファイルを戻すだけ。

もちろん、exFATにフォーマットし直した後でもWindows PCでもファイルの読み書きができました。

まとめ

Macで外付けHDDにファイルの読み書きが不可能になった場合は、フォーマット形式を変更してみると手っ取り早く解決できます。

愛用している外付けHDDはこれ

東芝のHDTH310JS3AA-D

1TBタイプの小型外付けHDDです。