読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつも向かい風

カメラ好きが、試される大地、北海道で試されるブログ

iPhone 7 / 7 Plus用のおすすめ格安SIM!mineo(マイネオ)に乗り換えて3ヶ月ほど使ってみた結果をレビュー!

スポンサーリンク

スポンサーリンク



f:id:matka1014:20170107225223j:plain

iPhone 7 Plusを昨年の9月に購入したのをキッカケに格安SIMの契約する会社を変更してみました。

以前はIIJmioを使用していましたが、iPhone 7 Plus用にはmineoと契約しました。

mineoにしてから、3ヶ月程たったので、経緯や感想をまとめていこうと思います。

携帯会社に搾取される人生はもうやめよう!

転機はiPhone 7 Plusの購入

突如として訪れた転機は、iPhone 7 Plusの購入です。iPhone購入以前は、Zenfone2という格安スマホを使用していました。Zenfone2のSIMカードのサイズはMicro SIMです。それに対し、iPhone 7 / 7 PlusはNano SIMです。

つまり、Zenfone2で使っていたSIMカードはそのままでは、iPhoneでは使用できないのです。

となわけでしたので、この機会に、契約する格安SIM会社自体を乗り換えてしまって、iPhoneに合うSIMカードを手に入れることにしました。

mineo(マイネオ)を選んだ理由

関連記事!おすすめ格安SIMを比較してmineo(Dプラン)を選び契約しました

mineoを選択した経緯の詳細は上記の記事にて書きましたが、ここでも簡単におさらいしておきましょう。

1. ドコモエリアで使用可能

通信可能なエリアの広さは圧倒的に、ドコモが広いです。それは、他キャリアの友達と登山や自然一杯のところに行ったりする時に実感できます。ドコモは圏内だけど、他キャリアでは圏外ということもあります。

写真撮影や、アウトドアが好きな自分にとっては重要な要素でした。

2. 価格

今は残念ながら終了してしまいましたが、僕が契約した時は、 半年間800円割引キャンペーン中でした。3GB+通話のプランを契約していますが、電話全く使用しなければ月々の通信費用は1000円以下に抑えることができるのです。(割引期間の半年が終了後は1600円+税)

勝手な予測ですが、これからの新年度に向けて、新たな契約者獲得のためにキャンペーンが再開される可能性も高いのではないでしょうか。

3. フリータンクという仕組み

mineoには、フリータンクという面白い仕組みがあります。 フリータンクは、通信量を共有できる貯蔵庫のような物で、通信量が余った人は、フリータンクに余った分を入れたり、通信量がカツカツな人は、フリータンクから引き出したりすることができます。

毎月、20日からフリータンクから引き出しが可能になり、最大1GB/月 まで引き出すことができます。

つまり、自分が契約する通信量+1GBの通信が毎月出来るということです。

mineo(マイネオ)を3ヶ月使ってみた感想レビュー

f:id:matka1014:20160904140930j:plain

次に、mineoを使ってみた感想レビューです。

MNP手続きが家に居ながらにしてすぐに完了(不通期間なし!)

一昔前ですと、格安SIMを契約する時、申込完了後からSIMが手元に到着するまでの間は、通信が出来なくなってしまっていました。

しかし、マイネオは、自分のSIMが手元に届いたあとで、自分自身でネット上でMNPの手続きをすることになるので、不通期間がほぼありません。

マイネオHPでは、ドコモプランの場合は1時間ほど、MNPの手続きに時間がかかると書いてありましたが、自分の場合は30分掛からずに、マイネオSIMで通信が可能になりました。本当に便利でした。

気になる速度についてはなかなか良好!

速度についてですが、今のところ、殆どの場合において困っていません。お昼休みに、速度がすこし落ちてイライラすることがありますが、混雑時以外は、20Mbps以上をキープしています。

自分が使っているのが北海道であるという人口過疎地なことも影響しているかもしれませんが、低速モード時以外はスムーズに通信が可能です。(東京・大阪に出張に行ったことがありますが、朝の時間帯、昼の時間帯も通信できました。)

f:id:matka1014:20170111221656j:plain

言葉だけだとあれですので、測定データも少し載せておきます。こちらは、夜10時頃の自宅での測定結果ですが、20Mbps以上出ているため非常に快適です。

 

f:id:matka1014:20170111221826j:plain

f:id:matka1014:20170111221835j:plain

上記2枚は、お昼休み中に測定した結果です。やはり、多少混み合う時間帯だからか、いつもよりは速度が低下しています。ただし、全く通信が出来ないということには今のところ陥っていません。

速度については、一番心配というか不安だった部分でしたが、現在のところ大きな不満なく使用できている状況です。

今後契約者が増えていくとどうなるのかは不明ですが、せめて現状維持していただけると非常にありがたいです。

ウィジェットから低速モード切り替えと通信量の残量確認可能

f:id:matka1014:20170111223059j:plain

mineoスイッチというmineoユーザー専用のアプリをインストールしておけば、ウィジェットから低速モードへの切り替えが可能です。スムーズなモード切替ができるので非常に便利です。

低速モードにしておけば、通信速度はかなり遅くなってしまいますが、通信量の残量が減らなくなるので使い分けると良いです。

mineoスイッチ
mineoスイッチ
開発元:K-Opticom
無料
posted with アプリーチ

通話料を抑えるために楽天でんわ(アプリ)が最適

オトクな通信料の設定になっているmineoですが、電話をしてしまうと20円/30秒で料金が発生してしまいます。もし、1ヶ月で10分話してしまうと、400円も払う必要が出てきてしまいます。

以前、IIJを使用していた時は、IIJのアプリを使って電話をかけると、10円/30秒になるというサービスがありましたが、mineoには残念ながら、通話関係がお得になるサービスが今のところありません。

そこで、おすすめなのが、楽天でんわというアプリです。楽天でんわのアプリを開いて電話をかければ、10円/30秒の料金になります。

電話番号はそのまま使用でき、使った分だけ支払う形式なので安心してお得に使用できます。mineoユーザーなら、入れておいて損は無いです。

フリータンク最高!

f:id:matka1014:20170111224250p:plain

フリータンク最高です。月末(20日以降)になれば、最大1GB までフリータンクから自分へ通信量を引き出すことが可能になります。

ちなみに、通信量の残量に余裕がある場合でも、1GB引き出すことが可能なのです。自分は、ありがたく、3ヶ月連続でフリータンクから1GB引き出させてもらっています。

現在のところ、バランスが上手く取れているようですので、フリータンクの残容量が0になることは無さそうです。

フリータンクからの引き出しはマイネ王という会員サイトから可能です。登録は契約時に行います。

時々開催される太っ腹なキャンペーンイベントが面白い

f:id:matka1014:20170111225442j:plain

時々、mineo内でイベントが開催されることがあります。つい先日は、おみくじイベントということで、おみくじの結果によって通信量をゲットできました。

おみくじを引いてみて、小吉と言うとても微妙な結果でしたが、1GBの通信量を貰うことが出来ました。

こういったイベント毎がちょくちょく開催されるので、面白いです。

 

↓mineoの詳細・申込みは下記リンクよりどうぞ↓

mineo Dプラン デュアルタイプ 3GB

最後に

以上、iPhone 7 / 7 PlusにおすすめSIMのmineoを使ってみた感想レビューでした。取り敢えずは、不満がないので、これからも使い続けていけると思います。

関連記事!おすすめ格安SIMを比較してmineo(Dプラン)を選び契約しました