読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつも向かい風

カメラ好きが、試される大地、北海道で試されるブログ

由仁町の「牛小屋のアイス」で個性的まぜまぜアイスを食べてきた

旅行 旅行-北海道
スポンサーリンク

スポンサーリンク




f:id:matka1014:20160515174042j:plain

不定期開催のソフトクリーム・アイス屋めぐり

北海道は由仁町にある「牛小屋のアイス」という個性的な牧場直営のアイス屋さんに行ってきました。

超有名店とのことで、かなりの数のお客さんがお店を訪れていましたよ。

このお店は、由仁町の観光スポットとして様々なメディアやサイトで取り上げられているらしいです。

メニューが個性的

人気メニューは「お一人様まぜまぜアイス」と「日替わりまぜまぜアイス」。

ネーミングが個性的ですね。

「お一人様まぜまぜアイス」は店主が一人ひとりの好みをカウンセリングしながら、ベースとなるプレーンの絶品アイスにフルーツ等の色々なトッピングをまぜまぜしてお好みのアイスを作ってくれます。

「日替わりまぜまぜアイス」は、当日の朝に店主がまぜまぜしておいた十数種類のアイスが用意されています。

今回、僕は日替わりまぜまぜアイスを食べました。

店主が個性的

f:id:matka1014:20160515171846j:plain

http://www.k2.dion.ne.jp/~ushigoya/ice2.htm

んで、店主が個性的。アイスをまぜまぜしているのは、店主のやっちゃん。

すげー個性的!

牛小屋のアイスで日替わりまぜまぜアイスを食す

さすが人気店。25分ほど並びました

牛小屋のアイス

▲牛小屋のアイスの看板。牧場っぽさが出ています。

f:id:matka1014:20160515174050p:plain

▲お店の外まで行列が出来るほどの人気店です。ここも、家族連れやカップルばかり!お一人様の僕にとっては完全アウェーな待ち時間でした。

牛小屋のアイス店内

▲店内も行列。まずは、正面右側の列で会計を済ましてから、正面左側の列に並び直し、アイスの種類をオーダーします。

あ、写真左の方に店主のやっちゃんが微妙に写っていますね。

日替わりまぜまぜアイス

▲この日の日替わりまぜまぜアイスのラインナップ。どれも美味しそう。

今日は酸味も取れそうなアイスを選ぼうと決意。

f:id:matka1014:20160515174039j:plain

  • 日替わりまぜまぜアイス1種類+ソフトクリーム:420円
  • 日替わりまぜまぜアイス2種類:420円(コーン)、390円(カップ)
  • 日替わりまぜまぜアイス2種類+ソフトクリーム:480円

僕が会計で注文したのは、日替わりまぜまぜアイス2種類+ソフトクリーム。

その後、アイスオーダーの列に並んで、どのまぜまぜアイスにするかを店員にオーダーしました。

並び始めてから、アイスを受け取るまでは25分くらいでした。

選んだのはオレオと魔女の誘惑

f:id:matka1014:20160515174040j:plain

▲こんな感じに、日替わりまぜまぜアイスがディスプレイされています。どれも美味しそう!

散々迷ったあげく、「オレオ」と「魔女の誘惑」をオーダーしました。

オレオは、あのお菓子の味を再現した物。

魔女の誘惑は、カシス、ラズベリー、ブルーベリーが入った大人の味。

う、うまい!

牛小屋のアイスの日替わりまぜまぜアイス

▲アイス完成しました。店内には写真撮影用のアイススタンドがありました。

赤いのアイスが魔女の誘惑、茶色のがオレオです。

そして、その他にソフトクリームがついています。

このボリュームで480円は安いです。

f:id:matka1014:20160515174044j:plain

▲店の外でもパシャリ。店の外のベンチに腰掛けて頂きます。

いやー、期待通り、そして評判通り美味しかった。

ソフトクリームは濃厚なミルクの味がするし、オレオはあのお菓子っぽい味がしてしっかりブラックココア風味です。甘ったるくなったら魔女の誘惑のベリーたちが口の中の環境をリセットしてくれました。

あっというまにペロッと完食です。

最後に

大人気店で、30分近く並ぶ必要があったけど、それに見合う美味しさでした。

アイスはすべて、当日の朝に作ったやつなんだってさ。そりゃあ、美味しいわけですな。

きっと、お一人様まぜまぜアイスも超うまいんだろうな〜。

次は、お一人様まぜまぜアイス食べたいな。でもお一人様で行くのはきついな。

トップ - 牛小屋のアイス

こんな記事も書いています

www.mukaikaze.net 

www.mukaikaze.net