読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつも向かい風

カメラ好きが、試される大地、北海道で試されるブログ

【ストックフォト収支】2016年5月は目標の半分くらいの売上。例のごとく売れた写真も紹介。

カメラ・写真 カメラ・写真-ストックフォト
スポンサーリンク

スポンサーリンク




f:id:matka1014:20160430143736j:plain

早いもので6月になりました。

本州に住んでいた頃は、そろそろ梅雨の足音を気になり出す時期でしたが、北海道には梅雨というものはないらしいので、6月以降もバンバン写真撮っていきたいです。

さて、5月のストックフォト活動の報告でもしておきます。

結果から言うと、販売枚数自体は悪くありませんでしたが、単価が低かったです。

 

▼ストックフォトとは

ストックフォト(Stock Photo)とは、頻繁に使用されるであろうシチュエーションで予め用意された写真素材のこと。もしくは、写真を含むそのほかマルチメディア素材のこと。その中から、予算に応じて広告・出版等の制作会社が目的に合った素材を選び、使用料を支払うことで利用できる。無料の素材については、基本的にストックフォトと呼ばない。

ストックフォト - Wikipedia

 

5月の目標のおさらい

  • 写真登録100枚
  • 売上1,500円以上

5月にやったこと

Shutterstockに登録した

新境地開拓でShutterstockというストックフォトサイトに登録してみました。英語がメインのサイトですが、顧客がワールドワイドなので、結構稼げそうな予感を感じさせてくれています。これからは、Shutterstockの優先度を高めに行こうかなと思っています。

新しい写真を80枚くらい登録した

新たに販売開始のために登録したのはすべてのサイトを合わせて、79枚でした。アップロードした枚数は100枚くらいですけど、そのうち販売開始のための審査に合格したのが79枚です。目標の100枚合格には届かず。

  • PIXTA:43枚
  • Fotolia:29枚
  • Shutterstock:7枚

5月の売上

PIXTA

単品購入1枚:1.1クレジット=118円

定額ダウンロード販売:7枚:1.75クレジット=189円

Fotolia

3枚販売:2.67クレジット=400円

フォトライブラリー

2枚販売:129円

Shutterstock

1枚販売:0.25$=25円

合計

14枚販売:732円

目標の1500円の約半分程度になってしまいました。ちなみに、4月の販売実績は10枚だったので、枚数だけで見ると4月よりも売れていることがわかりました。5月は単価が低かったってことですね。それでも、自分で撮った写真をお金を出して買ってくれる人がいるっていうことは素直に自信につながります。

5月にPIXTAやFotoliaで売れた写真

八紘学園農産物直売所で食べたソフトクリームの写真。本当に美味しかった。その美味しさが画面越しに伝わったのかな。

毎度おなじみトトロの木。毎月なんだかんだ一回は売れてくれている気がします。

望洋の丘と羊蹄山jp.fotolia.com

北海道のシンボル、蝦夷富士こと、羊蹄山(ようていざん)の写真。絶対売れるなこれと自信を持って送り出した写真だったので売れて嬉しかったです。これは2日連続で売れました。羊蹄山の写真はたしかブログでは記事にしていなかったはずなのですが、そのうち書きたいと思います。

PIXTAでのランキングについて

PIXTAではマイページに自分のランキングが表示されます。5月の順位は2800位です。単品購入1枚、定額ダウンロード購入7枚で2800位です。じゃあ、PIXTAに販売登録している人数はというと196,396人です。つまり、19万人以上の人は、数枚程度の販売以下ということになります。19万人全員がアクティブってわけでは無いと思いますが、ストックフォトで稼ぐのは難しいことなんだな。と実感させられました。

僕も、PIXTAに登録した頃は全く売れずに、やる気が出ませんでしたが、半年くらい経過して一枚売れ始めてからは、ポツポツ売れるようになりました。なんでもそうですが、継続することって大切だと感じました。

このブログも同じようにコツコツ無理せず継続的に楽しんでいきたいと思います。

写真で稼ごうハンドブック 季節・風景イメージ編 (PIXTAオフィシャル・ブック)

写真で稼ごうハンドブック 季節・風景イメージ編 (PIXTAオフィシャル・ブック)