読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつも向かい風

カメラ好きが、試される大地、北海道で試されるブログ

山形の片田舎にあるトトロの木って知ってる?【ジブリファン必見】

旅行 旅行-国内
スポンサーリンク

スポンサーリンク




その木は山形県の鮭川村という場所にあります。

見る角度によっては、大人気ジブリアニメのトトロにそっくりに見えることから密かに人気になっている通称トトロの木です。小杉地区に大きな杉なので、正式名称を小杉の大杉と言います。また、地元では、縁結びの杉、夫婦杉と呼ばれています。樹齢は1000年を超えているらしい。

いきなり余談ですが、この旅行は現在のメインカメラSONY α7Ⅱのデビュー戦でした。

今回登場する写真を撮ったカメラとレンズ

  • カメラ:SONY α7Ⅱ
  • レンズ:Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS (SEL1635Z)

行き方・アクセス

場所は、山形県の最上地方の鮭川村という場所にあります。とっても長閑な場所にトトロが居るのです。残念ながらアクセスは良いとは言えません。ここに行くには自家用車が必須と言っていいでしょう。山形駅からですと1時間30分程の運転になるかと思います。また、場所自体もわかりやすいところではなく、トトロの木付近は車のすれ違いも難しくなっているので、注意が必要です。カーナビの案内で向かうときは、「トトロの木」ではなく、「小杉の大杉」で検索するとヒットするかと思います。

トトロの木を見学

トトロの木駐車場

とある夏の日、トトロの木にやってきました。駐車場が完備されています。駐車場にはトイレも設置されているので安心ですね。

f:id:matka1014:20160421231633j:plain

駐車場からトトロの木方面が見えます。真ん中に写っているでっかい木がトトロの木です。しかし、こちらの方から見るとトトロには全く見えません。矢印で示したあたりにベンチがあるのですが、そこからトトロの木を見ると、「うわ~トトロだぁ~」って言う感じになります。

f:id:matka1014:20160421224751j:plain

では、早速、トトロに見えるというポイントへ向かいます。駐車場横の小道を進んでいきます。一本道なので迷うことはないでしょう。

f:id:matka1014:20160421224745j:plain

小道を進むとトトロの木が見えてきます。やはりこちらからの見た目はただのでっかい木にしか見えません。くれぐれも、ここでがっかりして帰っちゃダメですよ!

f:id:matka1014:20160421224754j:plain

トトロに見えるという指定スポットへ到着。うわぁ~トトロだぁ~。これならトトロの木として売りだしても問題なさそうですね!

トトロの木

小さい子供と一緒にトトロの木をパシャリ。子供が小さすぎるのではありません。トトロの木が大きいのです。

さすが、フルサイズ機のSONY α7Ⅱと思ったのは、葉っぱの質感。一枚一枚がきめ細かく表現されていて、以前使っていたカメラとの差をはっきりと感じました。

トトロの木 縦位置

縦位置でも撮っておく。トトロだな~。今にも動き出しそう。見るべきものはこの木しか無いので、サクッと観光終了。滞在時間は短かったけどとっても満足できる観光スポットでした。

昼ごはんにボリュームたっぷり天ぷらそば

山形県といえば、そば。トトロの木を鑑賞した後は、お蕎麦を食べに行きました。

f:id:matka1014:20160421233457j:plain

お邪魔したのはそば処ふくろう。アットホームな作りのお店です。

そば処 ふくろう - 羽前豊里/そば [食べログ]

ふくろうの天ぷらそば

もちろん、そばの美味しさもピカイチだったのですが、びっくりしたのは天ぷらの量。10種類以上の天ぷらがついてきて来ました。卵の天ぷら、トマトの天ぷら等、普段天ぷらとして食べることのない食材まであり、楽しめました。正直食べきれないかもって思ったけど、なんとか完食。どの天ぷらも美味しかったけど、腹パンパンに膨れ上がりましたよ。天ぷらの印象が強すぎてそばの記憶があまりない。

最後に

以上、トトロの木の紹介でした。山形観光の際は是非!